FXの仕組み注意点

FXの仕組みについて

FXは、少ない資金で大きな金額の取引をすることができます。
日本語で言うと「外国為替証拠金取引」で、証拠金(保証金のようなもの)をFX会社に預け、「レバレッジ」という倍率をかけることで大きな利益を手にすることが可能になります。


しかし、FXのリスクとしてあげられるのは、「レバレッジ」で大金を稼ぐこともできますが、マイナスに作用した場合は、損も大きなものになるということです。
たとえば、レバレッジを10倍でかけた場合、利益が出れば10倍になりますが、10倍の損失になることもありえます。
レバレッジは、最大25倍までかけることができます。


FX会社は、投資家の含み損が一定以上になった場合に、「マージンコール」という警告を発しますが、すぐに証拠金を追加しないと、「ロスカット」で強制決済されてしまいます。
また、金利の変動によるリスクもあって、各国の金融政策による金利の変動がマイナスに働いた場合にもまた、リスクがあります。


こういったリスクを最小限におさえるためには、レバレッジを少なめにかけることでしょう。
それと、リスク以外に、FXにかかるコストにも注意する必要があります。


FXにかかるコストには「取引手数料」と「スプレッド」があり、このふたつはキャンペーン期間中に安くなっています。
また、FX会社の口座へ入金・出金する際にも手数料がかかるので、こういったコストを安くおさえることのできるFX会社を選ぶことが重要です。


そんなFXについて、当サイトで解説いたします。

Copyright © 2014 FXの仕組み注意点 All Rights Reserved.